【住所・電話番号及びFAX】  299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮2461(一宮町保健センター3階) 
        【学校教育係電話番号】 0475-42-4574      【社会教育係電話番号】 0475-42-1416     【FAX学校社会共通】 0475-42-1424  
    【公民館住所・電話番号及びFAX】  299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮2460
        <一宮町中央公民館>
      【電話番号】 0475-42-4576      【FAX】 0475-42-7776
 
 
1件も登録データがありません
閲覧者数207918

会員用入口

施設
一宮町中央公民館
中央公民館
 

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
お知らせ >> 記事詳細

2018/09/04

文化財連続講座「加納家と一宮」第3回「加納久宜と華族社会」

| by:管理者
 2019年に2月に没後100年を迎える最後の一宮藩主・加納久宜。今年度は6回にわたって、加納家と一宮の歴史を学ぶ、連続講座「加納家と一宮」を開催します。
 第3回目の今回の講座は、久宜の生家である三池立花家、本家の柳川立花家と久宜の関係を中心にお話をいただきます。
 柳川古文書館(福岡県柳川市)に寄託されている「旧柳川藩主立花家文書」の中の加納久宜書簡から、今まであまり語られることのなかった久宜の一面を見ていきます。

●と き 平成31年1月26日(土)      
      午後1時30分~(午後1時受付開始、午後3時頃終了予定)

●ところ 一宮町中央公民館1階大会議室
●講 師 内山一幸氏(大阪経済大学経済学部講師)
     著書:『明治期の旧藩主家と社会』(吉川弘文館、2015年)
●問合せ 一宮町教育委員会 TEL:0475-42-1416


 ※参加無料、定員はありませんのでどなたでもご参加できます。

18:35
県教委ニュース


携帯版千葉県ホームページへ
 
一宮町の文化財
国登録有形文化財 
  芥川荘(あくたがわそう)
芥川荘

一宮川河口に位置する一宮館(旅館)の離れは、大正5年(1916)8月17日~9月2日に作家・芥川龍之介が滞在したことにちなんで、「芥川荘」と名付けられました。
明治30年代の建築で、木造平屋建て・萱葺の建物が今でも当時のまま保存されています。
滞在中、龍之介は後に妻となる塚本文に求婚の手紙を送り、一宮での思い出は「海のほとり」などいくつかの作品に登場しています。