【住所・電話番号及びFAX】  299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮2461(一宮町保健センター3階) 
        【学校教育係電話番号】 0475-42-4574      【社会教育係電話番号】 0475-42-1416     【FAX学校社会共通】 0475-42-1424  
    【公民館住所・電話番号及びFAX】  299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮2460
        <一宮町中央公民館>
      【電話番号】 0475-42-4576      【FAX】 0475-42-7776
 
 
1件も登録データがありません
閲覧者数267413

会員用入口

施設
一宮町中央公民館
中央公民館
 

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
お知らせ >> 記事詳細

2019/10/16

ミニ展示「加納久宜と「東の大磯」」

| by:管理者
 12月から千葉県立中央博物館大多喜城分館で開催される特別公開「玉前神社・一宮町の”宝物”」に先駆け、プレ展示を行います。
 今回のテーマは「東の大磯」。明治末期から昭和初期にかけて一大別荘地として賑わった一宮地域について、写真や絵葉書、著名人の残したものから見ていきます。

●と き 令和元年11月18日(月) ~ 29日(金)
      (但し23日(土)、24日(日)は除く)      
      午前8時30分 ~ 午後5時

●ところ 一宮町保健センター3階小会議室
●問合せ 一宮町教育委員会 TEL:0475-42-1416
 チラシはこちら → 「加納久宜と東の大磯」展示チラシ.docx
17:34
県教委ニュース


携帯版千葉県ホームページへ
 
一宮町の文化財
国登録有形文化財 
  芥川荘(あくたがわそう)
芥川荘

一宮川河口に位置する一宮館(旅館)の離れは、大正5年(1916)8月17日~9月2日に作家・芥川龍之介が滞在したことにちなんで、「芥川荘」と名付けられました。
明治30年代の建築で、木造平屋建て・萱葺の建物が今でも当時のまま保存されています。
滞在中、龍之介は後に妻となる塚本文に求婚の手紙を送り、一宮での思い出は「海のほとり」などいくつかの作品に登場しています。